戦時中の暮らしとは?家電もない戦争中の非常時の食事はどんなものだったの?

災害が多い現代。このようなときこそ、昔の不便な生活を身近に感じることもあるのではないでしょうか。日本は8月15日を「終戦の日」としていますが、「戦争」と聞いても、いまいち実感が湧かないというのが本音だと思います。

多くの犠牲を出した戦争。当時の人々の暮らしは、一体どのようなものだったのでしょうか。そこで、戦時中の暮らしをピックアップしてみました。

戦時中の日本の暮らし!食べ物がないときはどうしていたの?

どの雑誌や記録を読んでも「戦時中は食べ物がない」という言葉が出てきます。

そもそも、なぜ戦時中はこんなにも食料不足だったのでしょうか。実は、戦時中の食糧難の原因は、以下の2つにあるようです。

・輸入に頼れない
・徴兵による労働力の低下

このような事情を解決するために、当時は食べ物を支給する制度「配給」というものがありました。配給で足りない分は、着物や家財道具を売り、食べ物にかえていたようです。

食糧難の時代に考案された「かさ増しレシピ」

しかしながら、戦時中であっても何とか3食の食事は保てていたようです。その理由は、一般家庭で流行った「かさ増し」という料理法。

ご飯を水でふやかして「お粥」にしたり、パンは小麦粉ではなく得体のしれない「変な粉」を使うなどしていたそうです。

第二次世界対戦の戦争中の食事

第二次世界大戦という戦争を生き抜いた人の食事の知恵を聞いてきました。

・山菜を塩漬けにし、天日で干して保存する。
・砂糖がなかったため、干し柿で甘味をとった。
・豆類は焙烙で炒ってお菓子などに使った。
・米を天日に干して炒って食べた。
・固くなった餅は、焙烙で炒って元に戻した。

焙烙とは土鍋の一種で、炒り鍋とも言われています。茶器とも呼ばれています。また、天日干しとは、太陽の光に直接当て、最も自然な保存食の作り方で、高い殺菌効果も期待でき、保存食に向いています。1時間天日干しをした場合、黄色ブドウ球菌の数が8100万から0に近い数値にまで減少したというデータもあるようです。

さらに、乾燥させ水分を飛ばすことによって細菌の増殖が抑えられます。

このように、簡易的な調理器具しかなかった戦争という時代、人々は保存食を日常的に作っていたのですね。戦争の敗戦の年は配給もままならなくなり、食料はほとんど無かったと言います。

食事もままならずに何時もお腹が空いていて、色々な工夫をこらして、食料を保存していたと言います。

戦国時代の食事

戦争を生きた人々に習い、私たちも常日頃から食料を保存しておく癖を身につけたいものですね。そこで、合戦時(戦国時代の戦争中)の食事についても調べてみました。

合戦食「兵糧丸」レシピ

  1. 麻の実の皮をhug剥ぐ。
  2. 黒大豆を混ぜて粉末になるまですりつぶす。
  3. すりつぶしたものにそば粉をまぜる。
  4. ③でつくったものを酒に浸す。
  5. これでもかってくらい浸したら、天日で乾燥させる。
  6. その後、改めて酒に浸す。
  7. もう一回干す。
  8. しつこく酒に浸して酒がしみこんだら丸く固める。

戦争は簡易的な調理器具も何もない時代でしたから、この兵糧丸は保存性を重視して作られた食事です。

お弁当は裕福な生徒しか持つことができない贅沢品だった

学生のお弁当は、裕福な家庭でなければ持っていくことができなかったそうです。

お弁当がない子供は、空腹をごまかすため、水を飲み、お弁当を楽しそうに食べる友人がいる教室を離れ、校庭の片隅で時間をつぶしたそうです。

食べるものがないけれどお金を使わずとも生きていけた

食べるものがない時代ですが、家電製品もないため電気代も使わず、生活コストはとても低かったようです。

物々交換ができ、「物を買い替える」という意識が少なく、壊れても使うという生活サイクルで、お金を使わなくても何とか生きていけることができた時代。

捨てるものを再利用することや、修理や修繕専門の職も、今よりずっと多かったといいます。

お金はないけど心が豊かな時代だった

現代社会では、命を失う危険性が低くなったにも関わらず、幸福度は低いといわれています。

戦時中の暮らしと現代の暮らしを比較してみると、「生きる目的」が大きくことなるようなイメージがあります。戦時中は「生き延びること」を目的とし、現代は「より幸せになること」を目的に、みんな生きているのではないでしょうか。

それは、現代人の幸せという定義の難易度がとても高くなったから。現代の「幸せになること」というのがとても難しい意識で、

いい容姿、いい学歴、いい資格、いい伴侶、いい子供・・・と、幸せになるためにクリアしなくてはならない難関が数多くあるようです。

それには早期教育が何よりも重要視され、遊ぶことが悪という教育が主流になっていく可能性があります。命を繋いでいくことが目的だった戦時中から、誰にも見下されない人生を歩むことへ目的が変わりつつある現代。

それ故、自分に自信を持てず、ストレスを多くため込んでしまう人が多いのではないと思います。

まとめ

戦時中は、様々な工夫をこらして何とか空腹をしのいでいたのですね。困難な状況の中、見つけたレシピは、現代社会でもたくさんの人に親しまれている日本の伝統的な料理になってきています。災害が多い現代社会。昔の人の知恵を活かしていきましょう。

こんなお悩みはありませんか?

「優先すべき防災グッズは何?」「防災グッズは何から揃えたらいい?」 どうせ防災グッズを購入するのなら、被災時にちゃんと役立つアイテムが欲しいですよね。失敗しないためには、自分に合った防災グッズを購入することが大切!どんなアイテムがあるのかお悩みの人は、ぜひ下記ページを参考にしてみてくださいね。

防災グッズの一覧を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA