被災者のリアルな豪雨の体験談!頻繁に発生する大雨台風被害から身を守るために

夏にかけて発生する、ゲリラ豪雨や集中豪雨。

豪雨によって家が流され、帰るに帰れなくなった人たちが大勢います。豪雨被害から身を守るためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

そこで当ページでは、被災者の人たちからお寄せいただいた体験談を紹介していきます。過去の教訓を未来に活かしてもらうために、ぜひわたしたちの話を聞いてください。

お願い
ここからは被災者の生の声を発信しているため、当時の辛い記憶を呼び起こす可能性があります。お心が辛くなりましたら、すぐにページを閉じていただくよう、お願い申し上げます。また、災害で感じる痛みや苦しみは人それぞれです。想いに大小はありません。当ページを作成するのにご協力いただきました被災者さまたちの気持ちを否定するコメントは、どうかご遠慮ください。

体験してみてわかった本当の「豪雨の恐怖」

温暖化による異常気象が原因で、毎年のように深刻な豪雨被害が発生しています。

豪雨被害が起こりやすいのは、7月~10月。豪雨は河川の氾濫のみならず住居への浸水、土砂災害等を発生させる怖い災害です。さらに恐ろしいのが、その頻度。ここ30年間余りで豪雨被害は増加傾向にあり、1998年以降では1年で239回の豪雨が発生しています。

被災者の生の声を参考にして、豪雨被害から身を守るための知恵を身に着けていってほしいと願っています。

豪雨がわたしたちに教えてくれた教訓と対策

本当に必要な防災グッズ、危険な場所はどこかなど、豪雨を経験したことではじめてわかることもあります。普段意識しなかったことが、想像以上に大切ということ。そんな地震で得た教訓をアドバイスいただきました。

夏がくれば頻繁に発生する豪雨。過去の豪雨の経験から、次の集中豪雨にどう備えるべきか、対策することを心に誓った被災者もいらっしゃいます。次の豪雨に備えるために心に誓った地震対策を紹介します。

ゲリラ豪雨体験談!ゲリラ豪雨対策で被害を最小限に食い止めよう

ゲリラ豪雨体験談!予測困難な大雨被害に備えるために必要なこと

雹害(ひょうがい)体験談!被災者から身を守る方法を学ぼう

まとめ

豪雨被害は、年々増加傾向にあります。日本全国各地で深刻な被害が急増しています。そんな豪雨から身を守るためには、事前の備えが不可欠。被災者の体験談を活かし、あなたの大切な人の命を守る糧になれることを祈っています。

こんなお悩みはありませんか?

「優先すべき防災グッズは何?」「防災グッズは何から揃えたらいい?」 どうせ防災グッズを購入するのなら、被災時にちゃんと役立つアイテムが欲しいですよね。失敗しないためには、自分に合った防災グッズを購入することが大切!どんなアイテムがあるのかお悩みの人は、ぜひ下記ページを参考にしてみてくださいね。

防災グッズの一覧を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA